おうちでゆでて混ぜるだけ!「ニラともやしたっぷり醬油ラーメン」

ラーメンは日本の国民食のひとつですが、ルーツは中国の麺料理です。昔ながらの素朴な醤油ラーメンは「中華そば」とも呼ばれています。他、塩ラーメン、豚骨ラーメン、さらに現代風の新しい味まで幅広いですが、やはり醬油ラーメンはいつの時代も定番であり、おうちでも調味料を使って簡単に作れますし、市販のものを使ってもアレンジ出来ます。

スポンサーリンク

ニラともやしたっぷり醬油ラーメン

今回、生協(生協クラブ)で購入したスープ付きの生麺「しょうゆラーメン」を使って調理しました。トッピングの方は、炒めたニラともやしをたっぷりのせ、刻みねぎ、そして手作りの味玉をのせてみました。

生協クラブのしょうゆラーメンは国産小麦100%使用にあり

まず、醬油ラーメンに使う生中華麺についてですが、国産小麦100%を使用しているので出来上がり時もちもちとした食感が特徴です。また、生協クラブの消費材は全て厳しい食品基準を基に作られ、きちんと原材料名を明記していることも信頼高いです。

ちなみに、生中華麵の製造者はそば処で有名な信州戸隠にある(株)おびなたさんです。主に戸隠そばを製造しているようですが、麺類多くはこちらで製造していることが多いです。

下記、ご参考のために関連ブログを貼っておきます。

生活クラブ 戸隠そば(乾麺)は国産のそば粉と小麦粉を使用で美味しい! | Secret Box
本当に美味しいお蕎麦を食べたければ水と空気の良い信州へ行くのもいいでしょう。また、なかなか行けなくても本場の信州そばを取り寄せることも可能ですが、生活クラブでも信州そばは売っています。生活クラブで取り扱っているブランドは㈱おびなたさんのものです。我が家もとてもリピートしているため、乾麵の戸隠そばをご紹介します。

材料(3人前)

本レシピの材料は、あくまでもうちの場合ですが、味付けやトッピングなどはお好みでOKです。

味玉(煮たまご)用

  • 卵 3個
  • 醤油 大さじ2
  • 調理酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1

ラーメン用

  • 生中華麺 4玉
  • スープ 4袋

トッピング:

  • ニラ 2束
  • もやし 2袋
  • 長ねぎ 1本
  • 中華だし(粉末)
  • ごま油 大さじ2

作り方

味玉を作る

①冷蔵から取り出した卵は必ず常温状態に戻します。

②鍋に水入れて沸騰してから、卵1個ずつをおたまでそっと入れて約6~7分ゆでます。

③茹で上がった卵はすぐに冷水に付けて冷ませます。

④①~③で行うと殻をきれいにむきやすくなります。

半熟卵を失敗しないように作るには先ほどの順番通り①~④までとても重要なポイントです。

⑤漬け汁を作るには醤油、調理酒、みりん、砂糖を加えます。酒とみりんのアルコール分を飛ばすためにひと煮立ちさせます。

⑥漬け汁が冷めたら、ゆで卵を保存容器などに入れて冷蔵庫に漬け置きしておきます。

※ポリ袋に入れても良いと思いますが、くれぐれも汁漏れに注意してください。

ラーメンを作る

①予め具材を準備しておきます。長ねぎやニラは食べやすく刻んでおきます。

②フライパンに油をひいて熱し、もやしとニラを炒めます。火が通り始めたら少しお湯で溶かした中華だしを加えて具全体を混ぜたら火を止めます。

③別の鍋に水を沸騰させたら、予めもみほぐした麵を1玉ずつ約2~3分ゆでます。

ゆでる基本、たっぷりのお湯でゆで時間は正確にすること。また、沸騰のふきこぼれにはくれぐれも注意してください。

④1つの器にスープと270ccの熱湯を入れます。

⑤ゆで上がっためんをざるに上げてしっかり湯を切り、④に移します。

⑥仕上げにねぎ、味玉、ニラともやしをトッピングして完成です。

醬油ラーメンはチャーシューやメンマ、のりのトッピングも定番ですが、今回のように炒めたニラともやしを入れてもとても美味しかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました