no mean featとdancing on the head of a pinの意味・用例

no mean featは、no mean achievementやno mean taskとも言い、オンライン版ロングマン現代英英辞典に、並々ならぬ妙技[業績,仕事]と定義されていて、Rising to the top of the industry was no mean achievement for an immigrant. 業界のトップに登りつめるのは移民としては並々ならぬたことだった。という例文が掲載ざれています。このフレーズが実際にどのような使われ方をしているのかを見てみます。

スポンサーリンク

no mean featの用例

China’s relentless growth path checked as stability replaces stimulus

China’s economic growth slowed to its lowest levels in almost three decades last year, but the overriding sentiment in the corridors of power of Beijing was relief. Staving off a financial crisis while grappling with thorny issues at home, in Hong Kong and abroad was no mean feat.

中国の経済成長が去年ほぼ30年間で最低の水準まで減速しましたが、北京の首脳陣の支配的な感情は安堵でした。金融危機を回避しながら、国内、香港、海外での難題に対処するのは至難の業でした。

このno mean featは至難の業と訳すと一番しっくり来ます。去年の中国は、アメリカとの貿易紛争の激化、香港でのデモ活動の激化、金融機関の債務問題悪化とまさに内外憂慮状態だったので、中国共産党首脳部にとって、2019年の政治の舵取りは決して簡単なものではなかったということを言っています。次に、dancing on the head of a pinの意味と用例を見て行きます。

スポンサーリンク

dancing on the head of a pinの意味・用例

前出のニュース記事にdancing on the head of a pinというフレーズが以下のように使われています。

The government “is dancing on the head of a pin” trying to urge the now risk-averse banks to channel much-needed funds into these areas, said Collier, author of the recent book Shadow Banking and the Rise of Capitalism in China.

政府は、すっかり弱気になった銀行に対し、こういった分野に必要不可欠な資金を供給するよう説得を試みるのにピンの先で踊っていると、最近の著書Shadow Banking and Rise of Capitalism in Riseの著者であるコリアー氏は語った。

dancing on the head of a pinは、直訳すれば「ピンの先で踊る」なのですが、これでは何のことか分からないので意味を調べてみると、実際には、Angels dancing on the head of a pin, Angels dancing on the point of a pin, Angels dancing on the point of a needle, Angels dancing on the head of a needleのことで、このサイトで以下のように定義されています。

(metaphor) The subject of arcane intellectual speculation; used as an example subject of enquiry the pursuit of which is of no value.

(比喩的表現)難解な知的考察のテーマで、無価値なものの探求の例題として用いられる。

An allusion to the theological question “How many angels can dance on the head of a pin?” — a question cited to debunk mediaeval angelology in particular and scholasticism in general. Since angels are non-corporeal and do not occupy space, an infinite number of them could be present at a single point in space simultaneously.

「ピン先で何人の天使が踊れるのか?」という神学的問題に対する隠喩のことで、特に中世の天使学と一般的にはスコラ学を非難するために引き合いに出される問題です。 天使は無形で場所を取らないので、無限の数の天使が空間の一点に同時に存在する可能性があります。

無意味(無駄)なことをする程度に訳しておけばいいようです。なので、先の例文は、銀行に対し無駄な説得を試みているのように訳せます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました